BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

脂肪腫は整形外科では取れない?

2020/09/25

腕や背中などにできる脂肪腫。
放っておいても害はない場合も多いですが、できれば取ってしまいたいと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、脂肪腫は何科に行けば取れるのでしょうか?
漠然と整形外科に行こうと思う人もいるかもしれませんが、実は整形外科では脂肪腫は専門外です。

脂肪腫は何科で相談すれば良いのか、詳しく解説しますね。

▼脂肪腫の治療は形成外科へ

結論から言うと、脂肪腫の摘出は形成外科の領分となります。

形成外科は、主に見た目の部分をきれいにする診療科です。
脂肪腫の他にもほくろの除去ややけど跡の治療、美容外科などを請け負います。

■整形外科はどんな時に行く?

整形外科は、骨や筋肉、神経など体の内側に関する治療を行う診療科です。
腰痛やリウマチ、骨折、骨粗しょう症などの治療を受けることができます。

▼脂肪腫の手術とは?

脂肪腫は、1cm~10cm程度の、脂肪のかたまりです。
悪性になる確率はかなり低く、ほとんどは体に対して悪さをするようなことはありません。
ただ、しこりが気になりますので切除したいと思う人も多いです。

形成外科で脂肪腫の手術をする場合、多くの病院では局所麻酔で切除が可能です。
そこまで大掛かりな手術になることは少ないですので、あまり心配しなくても良いでしょう。

▼まとめ

整形外科と形成外科は、名前が似ているため混同してしまうこともあると思います。
どちらの科にかかるか迷ったら、病院に行く前に電話で相談してみてください。
どちらに相談したとしても、適切な科を教えてもらうことができますよ。