BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

膝の痛み軽減にはウォーキングが効く?

2020/10/08

膝が痛いと出歩くのが面倒になってしまいますが、膝が痛い時こそ積極的にウォーキングをおすすめします。

今回は、膝の痛み軽減のためのウォーキングについてご説明しますね。

▼膝の痛みは筋力の衰えが原因

膝が痛くなる主な理由は、筋力の低下によって軟骨に負担がかかることだと言われています。

膝の軟骨は一度減ってしまうと元に戻りにくいのですが、軟骨の周りの筋力は運動によって鍛えることができます。
筋力が回復すれば軟骨を支えることができるため、膝の痛みの改善が期待できますよ。

■膝の筋トレにはウォーキングがおすすめ

膝の筋力を鍛える方法には色々なものがありますが、誰でもできて効果がある方法としてウォーキングをおすすめします。

ただ歩くだけでなく、背筋を伸ばして歩くという動作をしっかり感じながら歩いてみてください。

最初から張り切らなくても、まずは1日10分~30分程度で良いです。
ウォーキングのためだけに外出するのが億劫な方は、スーパーへの買い物などを車ではなく徒歩で行ってみると、用事もこなせるので一石二鳥ですよ。

■あまりにも痛い時は整形外科で相談を

少し歩くだけでも膝が痛くてたまらないという人は、まず整形外科で診察を受けてみてください。
今の膝の状態を確認した上で、ウォーキングやその他の治療法について適切なアドバイスを受けましょう。

▼まとめ

体の具合が悪い時は安静が鉄則ですが、膝についてはできるだけ動かしたほうが痛みを軽減できる可能性が高いです。
ぜひ普段から歩くことを心がけて、膝の衰えを予防していってください。