BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

関節痛の原因や対処法は?

2020/11/08

人間の体にはたくさんの関節がありますが、よく動かすため痛みを感じやすい部位でもあります。
軽い痛みであれば少し休めば治りますが、強い関節痛が出てしまう場合はどうすれば良いのでしょうか。

今回は関節痛の原因を中心に、痛みの対処法をご紹介します。

▼関節痛の主な原因

関節痛には色々な原因がありますが、主な病名は「変形性関節症」もしくは「関節リウマチ」です。

■変形性関節症とは

変形性関節症は、関節にある軟骨がすり減って、骨に負担がかかることで痛みの症状が出る病気です。

軟骨には自己回復力がほとんどないため、一度すり減ってしまうとなかなか元に戻りません。
ただ、関節周りの筋力を鍛えることで軟骨や骨への負担が減りますので、ある程度痛みが緩和できます。

そのため、変形性関節症の場合は軽い運動を心がければそれが治療となる場合が多いです。

■関節リウマチとは

関節リウマチも関節痛という症状は同じなのですが、変形性関節症とは原因が違います。

関節リウマチは、免疫の働きに異常が生じることで関節に炎症が起きます。

その炎症により細胞が破壊され、痛くなってしまうのです。

骨や軟骨そのものが破壊されてしまうため、変形性関節症のように運動療法を行っても症状の緩和に効果が期待できません。

早めに整形外科医の診察を受け、治療を開始することが望ましいです。

▼まとめ

今回は関節痛の原因として主に2種類をご紹介しましたが、関節痛の原因となる病名は他にも色々なものがあります。
普段とは違う痛みがしばらく続いたらあまり無理をせず、なるべく早めに整形外科で診てもらうようにしましょう。